FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まこ:『多いねw(゚△゚)w?』

延々と舌を絡め合い、彼女の舌先はようやく私の首筋から乳首へと移動する。



左手で息子をさすりながら、乳首を舐めまわす。


私もかなり声を漏らしてしまいながら、反対の乳首も舐めてもらう。


息子の先っぽからは、がまん汁がダラダラと漏れ出す。


まこさんは、舌先をそこに移動させ、それを舐めはじめる。


舌先で丁寧に裏筋から首の部分を舐めまわす。

しばらくすると彼女はそれを咥え込んだ。


ゆっくりと人妻の頭が私の股間で上下する。


生温かい、ヌメヌメした狭い空間に締め付けられながら、その速度が徐々に上がる。


私は、基本的にその行為だけでイクことは無いが、私のそれを咥え乱れる人妻に興奮を禁じ得ない。


たっぷりとまこさんのフェラを堪能し、



私:『挿れていい?』





まこ:『うん♪』


私は、仰向けに寝転がり、まこさんに乳首を舐めてもらいながらゴムを着用する。




私:『どんな体位が好き?』





まこ:『正常位♪』



私:『じゃあ寝てみ♪』



仰向けに寝転がった彼女の両膝を開き、ゆっくりと正面から挿入する。





ああっ…あああん!…はぁあんきもちいぃ…



ゆっくり、ゆっくり、それを出し挿れする。


彼女は、両太ももに微妙に力を入れたり抜いたりしながら、下半身全体で私を咥え込んだ。

時折、出し挿れの速度に変化をつける。



あああん!いゃあーん!あああん!いゃあ!きもちいいーーー!きもちいいーーー!




ここで、メールで彼女から頂いていたリクエストのソファーで対面座位をすることに。




正常位で挿入したまま、まこさんを引き起こし、対面座位へ。

そのままベッドの端へと移動し、立ち上がる。

かなり小柄なまこさんを駅弁スタイルで持ち上げ、挿れたままソファーに移動。



そこに座り対面座位で舌を絡め合いながら、下から突き上げる。



あっ!あっ!あっ!あっ!きもちいっ!あっ!きもちいっ!あっ!きもちいっ!



あーーん!いくぅ!





あーーん!いくぅ!






いくぅ!








まこさんは、そのまま本日三度目の絶頂を迎えた。




挿れたまま再び彼女を持ち上げ、ベッドへもどる。


今度は、私の好きなバックでたっぷりと巨尻を堪能し、騎乗位へ。


人妻まこは、仰向けに寝た私にまたがり、自ら息子を握りしめ、花びらへと誘導する。


この姿を見ると興奮してしまうのは私だけ?


彼女は、ゆっくりと花芯でそれを咥えこむ。


はぁーん…はぁあんきもちいっ!



腰を上下に…前後に…それを咥えこみ、離さないように自ら動き、乱れまくる。



時折下から突き上げる。




あーーん!きもちいっ!あっ!きもちいっ!あっ!きもちいっ!いいっ!いいっ!いいっ!





いくぅ!…








いくぅ!










まこさんは、四度目の絶頂を迎えた。




その後、バック、正常位を堪能し、私も静かに果てた。



ゴムを外し、中身の量を見る。



まこ:『多いねw(゚△゚)w?』



そう、彼女は、ブログ読者様では無いので、なぜ多いのかを知らない

ニヤリ( ̄ー ̄)



しばらくゴロゴロしたあと、一緒にシャワーをし、洗いっこ(笑)


ラブホを後にし、彼女を待ち合わせした駅まで送った。





今回は、冷やし警戒から、出会い系サイトのサブアドレスのみで連絡を取り合ったので、電話番号もメールも知らないまま、駅で別れた。





[ 2012/10/13 05:46 ] 出会い系 | TB(-) | CM(12)

まこさんは、頷くと、私の・・・

まこさんは、すぐにそれを握りしめ、軽く上下にこすり始めた。


私:『乳首舐めてぇ(^^;)』


その身長差から、ちょうど彼女の唇の前が、私の乳首(笑)


今年6月に東京出張の時お会いしたあきこさんと背格好がほぼ同じ(^^;)


まこさんは、私を見上げながら、その舌先で私の乳首を転がしながら、パンツの上から息子をさすり続けた。



ううっ…


思わず声が漏れる。



しばらくそれを楽しんだところで、一緒にシャワーを浴びた。




ベッドへ移動し、私が上から重なる。


舌を絡め合いながら、徐々にそれを乳房へと移動させる。


乳首に触れるか触れないかの距離で、舌先を左右に振り、時折、それをそこに触れさせる。


あああん!いゃあーん!


再びそれを遠ざけ、焦らし責めを続ける。



さんざん焦らされた乳首は、待ちわびた舌先が触れた瞬間、人妻の口から、悲鳴に近い喘ぎ声を発せさせる。



指先をそっと股間へと這わすと、そこは既にびしょ濡れ…


舌先で乳首を転がしながら、指先でクリを探し当てる。





あああん!いゃあーん!




私は仰向けに寝転がり





私:『顔、またいでみぃ♪』




まこさんは、頷くと、私の首のあたりを膝立ちでまたぎ、ゆっくりとその陰部を私の唇へと押し当てた。



唇で花びらを包み込み、溢れる蜜を吸う。


舌先で花びらの両縁を丁寧に舐めあげながら、徐々にそれをクリに近づける。

まこさんは、なかなかクリを舐めてくれない私の舌を求め、膝で前へ前へと移動する。


それが、とうとう核心に触れた瞬間、彼女は大きな声を上げた。




舌先で丁寧にクリを転がす。



下から上へ、何度も何度もなめあげる。


時折それを止め、しばらく放置。


再び、今度は左右にチロチロと転がしたり、舌先で押してみたりを繰り返す。



あああん!いゃあーん!いっちゃんきもちよすぎいー!


ちょいぽちゃのまこさんの下腹部を押し上げ(笑)ながら、唇をクリに密着させながら吸引し、吸い出されたそれに舌先を押し当て、くにゅくにゅと刺激する。 




あー!あーーん!いくぅ!…





いくぅ!…









まこさんは、絶頂を迎え、果てた。







一旦、タオルで口元を拭き、彼女は私に添い寝してくる。




まこさんは、私の上になり、舌を絡めてくる。



彼女の舌先は、そのまま私の乳首を舐めまわす。



先ほどの私の焦らし責めを真似るように、そこを焦らしながら、舐めまわす。



勃起したり萎んだりを繰り返す息子の先っぽからは、がまん汁がだらだらとだらしなく漏れる。


まこさんは、私の乳首から、その舌先を身体に這わせながら、息子を咥え込んだ。




ちゅぷっ…ちゅぷっ…ちゅぷっ…ちゅぷっ…



しばらく、人妻のフェラを堪能し


私:『もう一回舐めたろ♪顔、またいでみぃ♪』



まこさんは、再び仰向けに寝た私の顔をまたぎ、ゆっくりと花びらを私の唇へと押し当てた。


今度はいきなりクリを吸引する。



露わになったそれに舌先をチロチロとこすりつける。

彼女の豊満な下腹部のお肉で鼻が塞がれ、窒息しそうになる(^-^;



左手でそれを押し上げ、酸素を確保しつつ、さらに吸引力を強める。





あーーん!きもちいいーーー!





あーーん!あーーん!きもちいいーーー!





人妻まこは、出会い系で知り合った男の顔面に騎乗し、自ら腰を前後に振りながら、二度目の絶頂を迎えた。



彼女が買ってきてくれたコーヒーを飲みながら少し休憩し、再びベッドへ。




ゆっくりと舌先を絡め合いながら、今度は、まこさんが私を責めはじめる。




つづく


[ 2012/10/09 05:45 ] 出会い系 | TB(-) | CM(1)

まこ:『いっちさん?』

こんにちは(^^)/


この一年、仕事が忙しくなりつつありますが、仕事あるだけありがたいと感謝しつつ、わたくしの小ブログもおかげさまで4年目突入となりました(・∀・)

これも読者の皆様のおかげと感謝致しております。

今後とも、よろしくお願いいたします。



長かった暑い夏も終わりかけのある日、久々出会い系サイトで以前から時間が合わずに会えなかった方とお会いする事になった。


まこさん、37歳人妻。
兵庫県の西の方にお住まいで、中学生のお子さんがいらっしゃるママさん。


某出会い系サイトに掲載している私のプロフィールを見て、彼女の方から声を掛けてくれた。


このプロフィール、限られた文字数で、いかにアピールできるかが、なかなか難しいもんです(^-^;


そこに書いたキーワードから、もちろんラブホで顔面騎乗のリクエストを頂く。


たいていの女性は、顔面騎乗は恥ずかしくて…とおっしいますが、その恥じらいを越え、その快感に自ら腰を振ってしまう女性に、すごく感じてしまう。




彼女とは、一度、会う約束をしたが、前日キャンセル。



半分冷やかしか?と思いつつ、二度目の約束をし、前日に確認メールをすると、会えるとの事で、待ち合わせ場所を決める。



当日、朝10時にJRのとあるお城の有名な駅前で待ち合わせ。


少し遅れるとのメールが来るが、性格がのんびりしている私には苦ではなかった。


しばらくすると、電車を降りたとのメールが来る。


駅の出口に目をやる。


何人かそれらしき女性が通り過ぎたが、ほんまに通り過ぎただけ(笑)

なかなか現れない彼女に、ふと、半年前にもこの駅で冷やかし食らった事を思い出す(笑)


そんな事が脳裏をよぎった時に、彼女は現れた。

助手席を覗き込んだ彼女、



まこ:『いっちさん?』


私:『はい(^^;)』



小柄でちょいぽちゃ。くりっとした目が可愛らしい感じ。



まこさんを助手席に招き入れようとするが、ドアが開かない。






ん(・∀・)?







そう、冷やかしの疑いがある時は、ドアロックをかけている自分を思い出す。



しかもこの日は、休暇中の後輩の社用車で、ドアロック解除ボタンが、どれか分からず、あたふたO(><;)(;><)O


(笑)




ようやくまこさんが、助手席に座る。


挨拶を済ませ、お昼ごはんの相談。



彼女は、軽くでいいとの事で、コンビニでコーヒーだけ買ってきてくれた。




そこからラブホまで車を走らせること約10分。

まこさんは、とにかくしゃべるしゃべる(笑)



私は、どちらかと言えば無口な部類?なので、おしゃべりな女性は、ありがたい(^^;)


あっという間にラブホに到着。


朝の10時半。


車を降り、横に並ぶと、かなり身長差を感じる。

おおかた、30センチは違うだろうか?


高校の時の彼女がちょうど肩の高さに頭のてっぺんがあったので、私はすぐに身長を言い当てた(^^;)


適当な安い部屋を選び、入室。



コーヒーを持ち込み用冷蔵庫に入れ、ソファーに並んで座る。


さほど緊張していない彼女の肩を抱き寄せ、唇を重ねる。



すぐに彼女は、舌先を絡めて来る。

ゆっくり、ゆっくり、確かめ合うように舌先を絡め合う。



20分ぐらい続いたであろうか、それを終え


私:『シャワーする?』



まこ:『うん♪』


私:『一緒に入る?』



まこ:『みんなどうしてるん?』


私:『一緒に入るでぇ~(笑)』



まこ:『じゃあ一緒に(^^;)』



私は衣服を脱ぎ、ハンガーにかける。


まこさんもカーデガンを脱ぎ、キャミ姿になる。


脱いだ服を受け取り、ハンガーにかける。


キャミも脱いだまこさんは、上下下着姿となり、そこでもう一度抱き合いながら、舌を絡め合い、ゆっくりとブラのホックを外す。



そこに露わになった乳房を両手で覆い、ゆっくりと揉み上げる。



はぁ…ああん…



お互い立ったまま、すぐに硬くなった乳首を指先で転がしながら、舌先を絡め合う。



ああん…ああん…



まこさんの悶え声を聞き、勃起した下半身を彼女の身体に押し付ける。






つづく


[ 2012/10/05 05:25 ] 出会い系 | TB(-) | CM(2)

奈緒美:『うん♪』

私は、ベットに座った彼女の背後に座り、後ろからゆっくりと指先で乳首を転がしながら、右手は花びらへ這わす。


『あっ!あぁはぁ~ん・・・』


中指を花芯へとゆっくりと沈めていく。



『はぁぁぁぁぁ~っ!あぁぁぁぁぁ~!!』



蜜でべちゃべちゃになった中指で、クリをすばやく転がす。



『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』



奈緒美さんは左腕で背後の私の顔を引き寄せ、舌を絡めてくる。



ぬぷっ・・・ぬぷっ・・・じゅぱっ・・・



そのまま向きを変えた彼女は、私を押し倒した。


さらに激しく舌を絡めながら、指先で私の乳首を転がす。


少し冷えた手のひらが冷たかった。



彼女の舌は、私の乳首へと移動し、チロチロとそれを転がす。



一気に息子が熱く、硬さを増していく。


それを察した彼女は、私に添い寝し、舌先で乳首を転がしながら、右手で息子を掴んだ。



ゆっくり上下する彼女の手は、少し力が入りすぎ、やや痛い。



ただ、乳首の舐め方は、かなり遠まわしで焦らしぎみ。
こちらは私好み。


彼女の手の動きは徐々に加速する。



少し痛みを覚えながらも、乳首の気持ちよさに、息子から準備完了連絡が入った。



私は彼女の手首をつかみ、その動きを止めた。



枕元から、ゴムを取りよせ、息子に装着。


その間も彼女の乳首舐めが続いた。



私:『四つん這いなって~』


奈緒美:『うん♪』



バックからゆっくりと息子を挿入する。



はぁぁぁぁぁぁ~ん!!!



鼻にかかった、大人の女性の喘ぎ。


その色っぽさに、息子の硬さが増す。


ゆっくり、ゆっくり、しかし徐々にその出し入れの速度を上げていく。


時に出し入れを変則的に止めてみたり、入れたまま腰でぐんぐん突き上げた。


はぁぁぁぁぁぁ~ん!だめぇぇぇ~!はぁぁぁぁぁぁ~ん!!!だめぇぇぇ!!!!



一気に出し入れを加速させる。



はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ!ダメっ!ダメっ!ダメっ!ダメっ!・・・

イキそう!・・・ダメっ!イキそう!・・・



いってもいいっ?!!


いってもいいっ?!!




はぁっ!イクっ!・・・イクっ!イクっ!イクっ!イクっ!イクっ!イクっ!・・・






あーーーーーーーーーっ!!!










奈緒美さんはそのままお尻を私に叩きつけ続ける。



パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!



はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ!はぁっ!




まもなく私も彼女のバックのみで果てた。




しばらくして、一緒にお風呂に入る。



丁寧に彼女の花びらを洗ってあげる。


お風呂上りに、彼女の作ってきてくれたサンドイッチを頂いた。



午後から、彼女のリクエストで、なぜか映画鑑賞(笑)


コーヒーを飲みながら、邦画を1本見て、帰宅準備。



前の彼氏とは、いつもこのパターンで映画を見て帰っていたそうで、私にすれば2回戦が無くともOKだが、少し物足りなかった。


ホテルを後に、彼女を迎えに行った駅まで送る。



奈緒美:『今日はありがとう!楽しかったわ♪』



あっけらかんとした態度で、手を振って分かれた。






[ 2012/02/27 05:17 ] 出会い系 | TB(-) | CM(4)

奈緒美:『最後だけな♪』

10分ほどでラブホ到着。



奈緒美:『ここ、よー来たわ(笑)入り口にジュースあるやんな!?』


私:『知らん(笑)』


奈緒美:『コラいっち!!(笑)』


おまえいつからツレやねん?的な、大阪のお姉ちゃんノリが心地よかった。


私が部屋を選ぶ間、奈緒美さんは紙コップにジュースを注ぐ。


奈緒美:『いっち何するんな?』


私:『冷たいコーヒーある?』


奈緒美:『もうコーラ入れたがな(笑)』

私:『ほな聞くなや(笑)』
奈緒美:『自分で入れや!』


なんや彼女のペース。

私は、サンドイッチの入った紙袋と、片手にコーヒーを持ち、両手にコーラを持った奈緒美さんとエレベーターに乗る。


部屋に入り、テーブルに飲み物を並べ、カバンを置く。

ダウンコートを脱ぎ、自らハンガーにかけ、彼女は手慣れたように、バスタオルを2つ取り出し、お風呂のタオル掛けに。

お湯を入れに入り、なんやキャーキャー言いながら出てきた。


奈緒美:『はいっ♪いっち脱がしたろ♪』


彼女は立ったままの私のネクタイを外し、シャツのボタンを外す。


ベルトも外され、ズボンも脱がされる。



ドキドキ…




奈緒美:『はい♪あと自分で脱ぎや(笑)』



(笑)


奈緒美さんもネックレスを外し、黒いセーターを自ら脱いだ。

デニムのミニスカートをストンと脱ぎ、黒いタイツを脱ぎ始める。


かなりあっけらかんと脱いで行く奈緒美さん(笑)


私も脱ぎながら、彼女に『手伝おか?』と尋ねる。


奈緒美:『最後だけな♪』

ムズムズ(笑)


私はパンツ一丁になり、彼女もベージュのキャミ一枚。

キャミをそっと脱がせる。

レモン色のブラに、お揃いのTバック。


さほど大きく無いとは聞いていたが、言わば美乳系。

私:『後ろ向いてん?』


奈緒美さんはくるりと振り返った。


お尻は大きめ♪


Tバックにはあまり興味は無いが、こちらもプリンと美尻♪

少し腰の周りとお腹のお肉がたるみ気味だが、私はそちらのほうが好み(笑)


私:『お尻噛んでええ?』

奈緒美:『ええで♪』



Tバックのとなりにはみ出た尻肉を甘噛みする。


『ああっ…』


奈緒美さんは声を漏らす。

そのまま尻肉を舐めながら、時に甘噛みをし、内ももを撫で上げる。


立ったままの彼女、やや前屈みになりながら、腰をビクッと動かした。


少し両脚を広げて、真下にしゃがんだまま潜り込んだ。

よくネットとかで見かけるTバックを真下から見る光景。

奈緒美さんの片方の脚をソファーに上げ、舌先をTバックの縁へ這わす。


『あぁあぁ~ん…』


すごく甘えたような高い声を上げた。


丁寧に丁寧に、生地からはみ出た花びらの縁を舐め続ける。


『ああんっ!ああんっ!ああんっ!』


いつしか奈緒美さんの両手は、私の頭を押さえていた。


そのままTバックを脱がせる。

何度も書いたが、私は興味薄のそれを、脱がせてソファーに放り投げた(笑)


すでにびしょ濡れの花びらは、透明な蜜を蓄え、私の舌先の到着を待つ。


ゆっくり、ゆっくり、丁寧に何度も花びらを外側から舐め上げて行く。


何度も何度も…



『ああんっ!ああんっ!ああんっ!ああんっ!』


じゅぶじゅぶじゅぶっ!



花びらに溢れる蜜を吸う。


舌先は再び花びらの縁から周囲を舐めながら、時にクリを下から上へと舐め上げる。



『あっ!いやぁん!』


そこに舌先が触れるたび、奈緒美さんは大きな声をあげる。


『あっ!いやぁん!いやぁん!いやぁん!』


しばらくして、彼女をベットへ誘導。


ブラを外し、全裸になった奈緒美さんを座らせる。



つづく







[ 2012/02/23 05:17 ] 出会い系 | TB(-) | CM(4)
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。