FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

両手でめぐみの乳房を・・・

私も知らず知らずのうちに眠ってしまった。


ムズムズする感覚で目を覚ますと、めぐみが舌先で私の乳首を舐めていた。



不思議な事に寝たまま息子は勃起し、彼女の手の中にあった。


めぐみの舌はゆっくりと下へと移動し、裏筋を舐めあげる。

横からハーモニカを吹くように、息子を唇で包み込む。

そんなめぐみの乳首を指先で転がす。


『んっ…んっ…んっ…んっ…』


突然息子が生温かい空間に包まれ、股間で彼女の頭が上下し始める。

『んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、』


お世辞にも上手とは言えない彼女のそれをしばらく堪能し、めぐみの巨尻を引き寄せる。

少し昼寝し、乾いているかと思いきや、やはりびちゃびちゃ…

69の格好になり、めぐみのクリに吸い付く。


『んーっ!んっ!んっ!んっ!あーっ!あーっ!』


敏感になったクリを刺激され、口に含んだ息子を離してしまうめぐみ。

なんとか、それを左手で握りしめ、上下させるが、私に腰ごと引き寄せられ、69のまま下からクリを舐め続ける。


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』


さらに指先も交え、クリに刺激を与える。


『あーっ!イッ!あーっ!またでちゃうぅーーーーっ!!』


再びサラサラとした潮を私ね口へと流し出した。


クリを吸引し、舌先で高速に刺激を与える。


『あっ!イッイクっ!!イク!!……イクイクイクイクイクイクイクイクイク…!!!』



再び崩れ落ちためぐみを休ませる事なく四つん這いにさせる。


息子にゴムを装着し、花芯へと挿入。


『あーーーっ!!』



『くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!』


『あっ!イッあっ!イッあっ!あっ!あっ!イッあっ!イッあっ!』


しばらく巨尻を堪能し、私が仰向けに寝、めぐみに腰を落とさせる。


『ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!』

めぐみは腰を上下に動かし、身長差のある私の乳首を舐めまわす。


彼女はこの体位ではイカない事は分かっているが、私はこれが気持ちいい(^^;)

両手でめぐみの乳房を揉みながら、下から腰を突き上げる。


『あっ!あっ!イッあっ!あっ!イッあっ!イッあっ!あっ!』


間もなく私も絶頂を迎えつつあった。

めぐみを仰向けに寝かせ、正常位で挿入。

ある角度で出し入れするとめぐみはすぐにイク。

私も危ないので、初めからその角度で突いて行く。


『ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!』


『あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、イッ!イク!!あっ、イク!!あっ、イクイクイクイクイクイク!!』


年に5回あるかないかの同時に絶頂を迎えた(笑)



めぐみ:『もぉあかぁ~ん(笑)』


彼女はそう言って私に倒れ込み、痙攣した腰を抑えられずにいた。



これが最後のえっちかな…

と、私は思いながら少し眠りにつく。


目覚めるとめぐみがコーヒーを入れ、サンドイッチを並べてくれている。


めぐみ:『いっちゃんどれ食べるぅ?コレやろぉ(笑)』

私の好きなたまごサンドを指差し、ニコニコ笑う無邪気なめぐみ、いつまでこうして、そばにいてくれるんやろ…






[ 2011/11/10 05:34 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(3)

めぐみは、腰をビクビクと・・・

両手を伸ばし、ブラを外すと、豊満な乳房が顔を出す。

舌を伸ばし、花びらの周囲を丁寧に丁寧に舐め続けながら、乳房を両手の平で覆う。


『あっ…あっあん…』


すぐに硬さを増した乳首を指先で転がしながら、花びらから溢れる蜜を吸う。


『じゅるじゅる…じゅぶぶっ…』


『はぁーん!いっちゃん恥ずかしい!』


口ではそう言いながら、さらに花びらを私へ押し付けるめぐみ。


クリの包皮を持ち上げ、舌先でチロチロと転がす。


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』


もちろん、どう責めれば彼女がすぐにイクかは分かっているが、ここはゆっくりと強弱をつけたり、止めて見たりを繰り返す。


『あぁん!いっちゃんいじわる!めぐみをイカせて!』

以前の彼女からは考えられない発言も、新しい彼氏の影響なのか…

どうでも良かった。

結婚を控えた彼女が、私を求めているだけで、なんとか嫉妬心を振り払う。


クリに唇を押し当て、強く吸い、さらに勃起したそれを舌先で上下左右に刺激する。


『あっ!だめぇ!きもちよすぎぃ!』


彼女の口から『きもちよすぎぃ』とか言う言葉が出ているうちは、まだ絶頂ではない。

唇を離し、目の前のクリを指先を高速に動かし、さらに刺激を与える。


『あっ!あっ!あっ!だめぇ!あっ!あっ!でちゃう!あっ!でるーーっ!』


目の前の花びらから、蜜とは違う透明なサラサラした液体がじょろじょろと零れ出た。

めぐみの場合、これでイッた訳では無く、ここからさらにクリを吸い、舌先や指先で刺激を与える。


『あっ!あっ!あっ!あっ!あああっ!あーーっ!』

さらにめぐみは潮を漏らし、それが私のアゴから首筋へと流れ落ちる。

『あっ!イッ!…イクっ!イクっ!イクっ!イクっ!イクイクイクイクイクイクーーー!…』


彼女はベッドへ崩れ落ちた。


激しく腰を痙攣させ、触らないでオーラを出す。


ここで再び、無理やり顔面騎乗をさせる。

今度は逆向きで、彼女が私の足元が見える方向にしゃがませる。

まだ息が荒いめぐみの花びらを舌先でかき分け、クリを弄る。


『あっ!イッ!あーーイッ!あーっ!変になりそぉ!』

彼女はなんとか69の体制になろうとするが、私に後ろから両手を引き戻される。

再びクリに吸い付き、舌先と指先でそこに刺激を与える。


『あっ!あっ!イッ!あっ!でちゃう!あっ!でちゃう!…』


じょろじょろじょろ…


今度は向きの関係で、零れ出る潮が全て私の口へ流れ込んだ。


『あーもう恥ずかしすぎぃ!』


さらにクリを吸っては舐めまわし、指先で上下左右に刺激を与える。


『あっ!イッ!あっ!イッ!あっ!あっ!あっ!あっ!』

めぐみは、だらだらと潮を漏らしながらすぐに二度目の絶頂を迎えた。


ベッドにうつ伏せに倒れ込んだ彼女を少し休ませる。


めぐみは、腰をビクビクと痙攣させながら、蜜と潮まみれになった私の顔をタオルで拭いてくれる。


その彼女の腰を引き寄せ、四つん這いにさせる。


『ああん、いっちゃん私ばっかりぃー』


そのまま巨尻をつんと高く上げさせ、指先を花芯へと挿入。


生温かいそこに吸い込まれた左手の指先を、ゆっくりと出し入れしながら、右手の親指と中指でクリをつまむ。

四つん這いになると、クリを覆う包皮は、ちょいぽちゃの彼女のお腹に引っ張られ、自然に顔を出す。

出し入れの速度を徐々に上げながら、クリき刺激を与えて行く。

『ああん、もうだめぇーっまたでちゃうぅー』


花芯のヌルヌルとした蜜にサラサラとした液体が混ざり始めるど、指先の出し入れに合わせてそれが飛び散る。


『あっ!あっ!あっ!イッ!あっ!イッ!イクっ!イクっ!イクイクイクイクイクイクー…………っ!!』


『あーーーっ!!!』



めぐみは再びベッドへ崩れ落ちた。



時計を見るとお昼前。


三度の絶頂を迎えためぐみは、膝ががくがくで立ち上がれないと言う。


蜜と潮まみれになったシーツを避けるように、彼女に添い寝し、抱き寄せる。

ゆっくりとその長い髪を撫で、彼女を休ませる。

めぐみはどんどん力が抜け、私にべったりとひっついたまま、眠りにつく。


私も知らず知らずのうちに眠ってしまった。


ムズムズする感覚で目を覚ますと、めぐみが舌先で私の乳首を舐めていた。



つづく





[ 2011/11/07 05:33 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(12)

めぐみ:『いっちゃん、まだ何もしてないのに・・・

本カノめぐみに彼氏ができ一年以上たつ。

以前のように逢う時間も激減し、寂しい思いが胸を締め付けるような時間が増えた。

所詮不倫。

過去に一年以上続いた独身の不倫相手は何人かいた。

しかし、何度も書いたが、本当に結婚するのはこの娘やったんやろうと何度も思う。


めぐみは、今の彼氏と結婚する方向に進んでいるのだろう。

しかし、たまに逢ってもそんな話しは全くしない。

彼女は結婚しても普通に私との関係を続けると言い切る。

過去にもそう言う女性とお付き合いしてきたが、旦那が知り合いだったり、女性から音信不通になったり。

当たり前と言えば当たり前なんやろけど、めぐみを手離す時が迫りつつあるのは間違いない。


しかし、彼女は30を超えてから最近性欲が増してきたのか、えっちが激しくなりつつある。


10月のある日、お互い平日に仕事を休み、朝から終日ラブホで過ごす。

以前は、朝から風呂に入り、映画を1本見て昼ご飯。

2人で昼寝をして、夕方になり初めてえっちをする。

その後ラブホでビールを飲むか、チェックアウトして居酒屋に行くのが普通やった。


この日、朝から阪神電車の特急が止まらない目立たない駅に降り立ち、めぐみが車で迎えに来るのを待つ。

彼女は昼食をコンビニで買い込み、私を迎えに来る。

めぐみの車が着くと、当たり前のように彼女は助手席に移動し、私がハンドルを握る。


すっぴんにメガネでニコッと微笑む(笑)

しかも生足(笑)


寝起きかっ!(笑)


そんな彼女が愛おしく思える。


車を走らせ、朝9時前のラブホに到着。

泊まり明けのカップルがチェックアウトして来る流れに逆らうように、車から降りる。

スーツ姿の私こと普通の会社員いっちと、寝起きのおねーちゃんめぐみ(笑)

すれ違ったカップルから二度見される(笑)


部屋に入ると、めぐみは買ってきた昼食やデザートを冷蔵庫に入れる。


私はネクタイを外し、スーツを脱いでハンガーにかける。

そのままパンツ一丁まで脱ぎ進み、ベッドに横になる。

今までの彼女は、映画のリストを見たり、朝のテレビ番組をチャンネルころころ変えながら見るのが習慣やったが、最近はいきなり添い寝してくる事が増えた。

この日もめぐみは冷蔵庫のドアを閉めると、そのまま私の隣に潜り込んで来る。

彼女はメガネをかけたまま上になり、そっと唇を重ねて来る。

ゆっくりと唇を重ねては離れ、舌先を少しだけ私の唇へと押し込んでは抜きとりを繰り返す。


たっぷりとそれに時間をかけためぐみの舌は、急に私の口内へ押しこまれ、そこをかき回す。


期待感からか、もはやガマン汁が、だらしなく漏れだす。

彼女の舌は私の首筋から耳を何度も何度も往復する。

それは首筋から胸へと移動し、私の一番感じる乳首へと移動する。

もちろん私の身体を知り尽くしためぐみ。

乳首の周囲に舌を這わすが、肝心なそこへ舌先を触れさせる事は無い。

焦らしに焦らし、私がもがくのを見て楽しむ。

めぐみは右手を私の股間へと這わし、ガマン汁で濡れた部分を弄る。


めぐみ:『いっちゃん、まだ何もしてないのに、なによこれぇ~』


そう言っては、今度はいきなり私の乳首にしゃぶりつき、右手はガマン汁で濡れた部分を撫で回す。


彼女はムクッと起き上がり、ベッドに座り込みながら衣服を脱ぎ捨てる。


私の好きな水色のブラとパンツ姿になり、再び私の上に身体を重ねてくる。

太ももを交え合い、激しく抱き合った。


一時間近くこうやってジャレ合うと、私がめぐみに指示をする。

私:『パンツ脱いで、顔にまたがってみ』


以前の彼女は、恥ずかしがって、なかなか花びらを舐めさせようとはしなかったが、この日は素直に頷き、パンツを脱ぎ捨てた。

膝立ちのまま私の顔にまたがるめぐみ。

ゆっくりと腰を下ろしてくる。

特に彼女に何をした訳でも無いのに、めぐみの花びらはびちゃびちゃ…

巨尻を引き寄せ、花びらへ唇を当てる。

少しだけ舌先を出した状態で、唇で花びらに円を描くように撫で回す。

『はぁぁぁぁん…んっ…』

ゆっくり、ゆっくり、丁寧に唇を使って愛撫を続ける。

めぐみは腰の高さを変えながら、眉をひそめる。

下から見上げると、ブラ越しにその表情を伺わせる。

両手を伸ばし、ブラを外すと、豊満な乳房が顔を出す。

舌を伸ばし、花びらの周囲を丁寧に丁寧に舐め続けながら、乳房を両手の平で覆う。


『あっ…あっあん…』


すぐに硬さを増した乳首を指先で転がしながら、花びらから溢れる蜜を吸う。



つづく





[ 2011/11/02 05:30 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(0)

めぐみ:『めぐ、いっちゃんの・・・

めぐみ:『いっちゃんお風呂はいろぉ♪』



(どないやねんw)



お風呂のドアにあるタオルハンガーにめぐみがバスタオルを袋から出してかける。

私はふとひらめき、仕込みをする。


お風呂に入り、お互いの身体を洗い流しながら、指先で乳首を転がしたりしてじゃれ合う。


ここのラブホ、お風呂に手すりが取り付けてある。

もちろん、高齢者向けの設備ではなく、それを使うため。

身体を流し、お湯に浸かるめぐみに上がるように伝える。

私:『めぐみ~両手でそこの手すり持ってみ?』


1mほどの高さに取り付けられたそれは、両手でそこを握ると、お尻をこちらに突き出したバックを受け入れる格好になる。


めぐみ:『えっ!?なによいっちゃん!?』


両手で手すりを握ったままめぐみが振り返る。


私はお風呂の椅子を取り出し、彼女の巨尻の前に顔が来るように腰掛けた。


めぐみ:『いやぁ~ん、なんかえっちぃ~☆』


私はめぐみの巨尻に左手をかけ、右手の中指を花びらにあてがう。


シャワーで流したにもかかわらず、そこはヌルヌルとした蜜が溢れている。


私:『なんや、洗ったのになんで濡れてんねん?』


めぐみ:『いっちゃんがおっぱいさわるからぁ~』


ゆっくりとそこに中指を沈める。


濡ぷぅ~


ヌルヌルとした蜜が中指に絡みつく。


『はぁ~ぁ~ん…』


ゆっくりとした出し入れを徐々にその速度をあげる。

『ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ』


『あんっ!あんっ!あんっ!いいっ!あんっ!いいっ!あんっ!いいっ!』


蜜で濡れた中指をバックからクリにこすりつけ、親指を挿入し、前後にこする。

親指と中指の間隔を近づけたり、離したり…


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!いいっ!あんっ!いいっ!』


しばらく花芯とクリをいたぶった後、ここでシャンプーの横に仕込んでおいたゴムを取り出し、息子に装着。


手すりを持ったまま、ツンと巨尻を突き出すめぐみの花芯へ、その尻をわしづかみしバックから挿入する。

『はぁ~んっ!』


『ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!ぴちゃ!』


濡れた肌がめぐみの巨尻を叩く音が、お風呂に響き渡る。


『あぁんっ!あぁんっ!あぁんっ!いいっ!あぁんっ!いいっ!あぁんっ!いいっ!』



ピタッと動きを止める。


私:『他の男とどっちがええねん?』


めぐみ:『あん…そんなことしてないも~ん…』


少し息子を引き抜き、


私:『ウソついたら入れたらへんぞ!』


めぐみ:『いっちゃんいじわるぅ~ほんまやも~ん~』


めぐみの巨尻にゆっくりと挿入しながら、急に腰骨を強く三回叩きつける。


『ああっ!ああっ!あああっ!』


『もっといじめてぇ!あぁんっ!いいっ!いっちゃん!もっと!』


尻肉をつかみ、何度も何度もそこに出し入れを繰り返した。


『あぁんっ!いっちゃん!もうあかん!イキそぉーっ!』


一気にその動きを速める。


『あかん!いっちゃん!いくっ!…あっ!いくっ!…いくっ!…いくっいくっいくっいくっいくっいくっ!……』



『あ゛ーーーーーーっ!!』


彼女は膝から崩れ落ちた。

急にに動きを止められたら息子は、発射寸前の為、急いでゴムを外し、めぐみの巨尻に上からその液をかけた。



最後に彼女にかけたりする事に、それほど喜びを感じない私はめぐみに苦情申し立て。

私:『お前が急にしゃがむから手でせなあかんかったやん!』


めぐみ:『めぐ、いっちゃんのオナペットやもん♪』




[ 2011/08/13 05:44 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(0)

めぐみ:『いっちゃん気持ちよすぎぃ~』

彼女は顔を私の胸に近づけ、舌先を乳首の周囲に這わす。

円を描くように、その周囲や、少し離れた場所をチロチロと舐めるが、なかなか乳首にそれが触れる事が無い。

焦らし…


さんざんめぐみにしてきた舐めかたで、彼女は私を責める。


私の経験では、他の男性と浮気した彼女は、キスの仕方や舐めかた、フェラの仕方が変わるのですぐに分かる。

別の相手にされた事を、無意識に実践してしまうからやと思う。

いろんな女性の手法がそれぞれ違うのは、そのパートナーの育てた方で、それを堪能できる事は、それはそれで楽しみなんやけど、自分の彼女が、違う動きをすると、敏感に気づいてしまう。

ところが、めぐみはブレが無い。

私が育ててきたように私を快感のるつぼへ落とし込んで行く。


さんざん焦らした上にめぐみが言う。


めぐみ:『さぁっ!お風呂はいろかぁ♪』



(笑)


ずっと立ち上がり、自らブラウスのボタンを外し、キャミを脱ごうと、それが彼女の顔を覆ったところで、腰に抱きつく。


めぐみは脱ぎかけのキャミで顔面が隠れ、少し驚きながら両膝を少し内股に曲げる。


めぐみ:『やんっ!いっちゃんなにするんよ!』


そんな言葉に耳も貸さずに彼女のピンク色のブラを剥ぎ取る。


そのままめぐみをベッドへと押し倒し、一気に乳房へとむさぼりつく。


『じゅぱっ!じゅるじゅるじゅる!』


わざと大きな音をたて、乳房を揉みながら乳首を吸いまくる。


普段は焦らされる事で花びらに蜜を溢れさせるめぐみは、時々強引にこんな風に責めると、さらに蜜を溢れさせる。


スカートとピンク色のパンツを剥ぎ取ると、やはり花びらは蜜で溢れかえっていた。

ただ、彼女は、私を一方的に責めるだけでも濡れてしまうので、どれだけの量が今溢れたのかはわからない。


仰向けにキャミをかぶったまま寝るめぐみの両膝を無理やり開き、同じように花びらにむさぼりつく。


『じゅぶじゅぶじゅぶじゅぶっ』


唇を花びらに沿って上下させながら蜜を吸い取る。


クリを覆う包皮を持ち上げ、勃起した小豆大のそれに唇を押し当て、強く吸収しては、舌先でチロチロと転がす。


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』


何度もそれを交互にくりかえした。


顔を覆うキャミを脱がせると、額は汗びっしりで、前髪が張り付いていた。


横からめぐみの腰を抱きかかえ、指先でクリを転がす。

チロチロ…チロチロチロ…


彼女がイク転がし方は分かっているが、しばらく違う転がし方で、悶えるめぐみを焦らす。


指先が疲れてきたので、一気にクリを擦る。


『あっ!イクっ!あっ!イクっ!イクっ!あっ!あっ!あっ!あっ!イクイクイクイクイクイク………っ!』



花芯から透明なサラサラした別の蜜が一気に流れ出た。



潮吹してしまっためぐみは、肩で息をしながら腰をビクビクと痙攣させた。



しばらく動かなかった彼女がムクッと起き上がり、私に抱きつく。


めぐみ:『いっちゃん気持ちよすぎぃ~』


そう言うと私にのしかかり、同じように乳首にむさぼりついてくる。

片手で息子を握りしめ、それを上下させる。


車で口でしてくれる時は、
『3分で抜いたる!』

と、豪語するめぐみ。


確かに3分で抜かれるが、ラブホで口に出してしまうと、ご存知のように、短時間二回戦不能な私には、セコい話しやけどラブホ代がもったいない(笑)


しかしめぐみは、その口撃を緩めなかった。


私:『でてまうやん(笑)!』


めぐみ:『出してええよ!』



もちろん出てしまうと、その後、挿入が無い事は彼女も承知の上。


めぐみは私の下半身に顔を移動させ、それを口に含んだ。


両手を私の両乳首に這わし、そこを指先で転がす。


口に含んだそれに、ねっとりと舌を絡めながら頭を上下させる。


『ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、ちゅぷっ』



めぐみは私が絶頂に向かいつつある状況を察したのか、急にその動きを止めた。


つづく




[ 2011/08/09 05:41 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(2)
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。