FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麻里さんに責められて・・・

ベッドに入った二人は、すぐに舌を絡め合う。

彼女の耳に舌を這わすと
『イッヤぁ~ん…』

笑顔から感じる女性の顔に変わった。

耳たぶを軽く噛み、舌を耳の穴に入れる。

『ああぁん…いっ…』

彼女の声は少し大げさにも聞こえた。

反対側の耳も同じように舐めたあと、舌を首筋から鎖骨に這わす。

『あぁっ…ああぁっ…』

横になっていた麻里さんをベッドに座らせる。

程よいカップの乳房を包むブラを今度は外さずに上にまくり上げる。

ぷるぅ~ん

上部をブラで圧迫されながらも柔らかそうな乳房は乳首を頂上にツンと跳ね上がる。

アンダーバストの部分から乳首にかけて舌で丁寧に丁寧に舐め上げる。

『あぁっあぁっんあぁん』
すぐに乳首が固くなるのが舌先の感触でわかった。

ブラに押さえつけられ上を向いた乳首がイヤらしい。

固くなったそれを唇を細めながら吸い、唇ではさみながら舌先で転がす。

『あんっ!あんっ!あぁっ』

感じる麻里さんの顔が、まゆをひそめた泣き顔のように変化する。

舌先を左右に振りながら乳首を転がす。

座った彼女の上半身が、くねくねと動き出す。

さらに乳首を責めつづけると、急に彼女が私に言った。

『仰向けに寝てっ♪』

言われるがまま、仰向けに寝た私に彼女が覆い被さってきた。

舌が私の口に押し込まれてくる。

すかさず応戦するも、彼女は私にされた事と同じルートに舌を這わせ始める。

耳に熱いゆっくりとした吐息を吹き込まれる…

背中がゾクゾク~っとした。

耳たぶをチュパチュパと責められ、その音が鼓膜を通じて息子に直接伝わった(笑)

彼女は私の首筋から胸に舌を這わせ、乳首を舐める。
そこがめっちゃ感じる私は思わず声が出てしまった。

麻里さんが
『乳首感じるのぉ?』

『はい(*^_^*)』(笑)

そこから麻里さんの乳首責めが始まった。

ゆっくりと舐め上げられたり、舌でチロチロされたり彼女の指でつままれたり…
息子を覆うパンツにあちこちガマン汁の跡ができた(笑)

彼女にそれが見つかるまでさほど時間はかからなかった。

『あぁ~あ!いけないんだぁ~』
と言いながら右手の人差し指でパンツの上から息子を軽くたたく。

ゆっくりとパンツをずらされ、彼女の頭が息子に近づく…

すでに絶好調の息子(笑)
彼女の舌が息子の頭を舌で撫で始める・・・

060927150412.jpg


すぐに彼女の舌は裏側付け根あたりへ移動し、そこからゆっくりと
頂上に向かって動き出す。

先っぽ裏側あたりまで来ると一旦停止。
舌が小刻みに左右へ動く。
彼女は付け根からの同じ動作を5回ほど繰り返した。

とたんに『パクッ!』
彼女の唇は息子の頭を覆い隠した。

そのまま彼女のヌルヌルとした舌が息子の頭を左右に撫で始める。
『うっ…』

絶妙な舌使いに思わず声が出る。

彼女の口が息子をくわえたままゆっくり沈んで行く。
長くもない息子はすぐに彼女の口内に包み込まれた。
すぐに彼女の頭は上昇を始める。
首から頭に彼女の唇がヌルッと触れたらすぐに下降を始めた。
この上下往復運動は徐々に速度を上げて行った。

気持ちいい(*^_^*)

麻里さんの動きが速くなり、息子が危険シグナルを発し始めた。

普段回復に時間がかかる私は、このままイクと、彼女と合体できずに時間切れになる危機感から、彼女と息子を別れさせた(笑)

つづく



SEXが好きで好きで堪らないと言う、一般の奥様たちが出演。

[ 2009/10/11 14:24 ] 出会い系 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。