FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美菜:『少し酔ったみたい~♪』

ちょいと仕事が忙しく、しばらくおさぼり気味でしたが、久々出会い系に行ってきました~

30代女性人妻に絞って検索。

会うまで少し時間がかかるかな?って感じの書き込みを見つけた。

『初めて登録しました♪年上既婚の方と仲良くなったら居酒屋、カラオケご一緒したいなぁ♪』

(-"-;)うーん
最近は、歳のせいか、えっちするより居酒屋ご一緒するほうが好きな私は、早速メール。

メール一通約50円かかる出会い系サイトやけど、ここはまぁまぁ打率が高いサイトなので、時間をかけて口説くことメール10通で交渉成立♪

まぁ500円なら安いもんですわ♪

菜美さん32歳、人妻。

身長が170㌢!?

お子さんは、まだいないそうで、けっこう友達同士でも飲みに行くらしい。

私と同じ市内に住んでおられるようなので、少し離れて神戸で会うことに。

使った出会い系サイトは、安いとは言え、電話番号やメルアド交換には別途お金がかかるので、待ち合わせ場所と時間、服装、待ってる時の立ち位置、右手に携帯左手にカバンなどなど、細かく決めて彼女を待つ。

けっこう、こんなん決めるん好き(笑)


三ノ宮駅で待ち合わせし、決められたら立ち位置で待つこと10分。

人通りが多い中、少し長身な女性がこちらに向かって覗き込むように歩いてくる。

女:『いっち?』


ん?


会社の別の支店に勤める後輩ユリやった…



まっ、まさか菜美ってお前かぁ……?




ユリ:『いっち久しぶり!三ノ宮で何しとん?飲み会かぁ?』

私:『う、うん(^^;)ユリは?』

ユリ:『私、今、神戸支店やねん(笑)今、帰り~♪』
(ややこしい時に出てくるなアホ!)

私:『また飲みに行こうや♪』
(はよ帰れ!)

ユリ:『いっち、いっつも、また三ノ宮行くから飲みに行こばっかり言うて、いっこもけぇーへんやん!』
(わかったからはよ帰れ!)

私:『またメールするわ♪』


ユリ:『はいはい(-"-;)オツカレ~』


ε-( ̄. ̄;


変なところで肝心な時に会社の後輩に絡まれ、そこに居づらくなったが、立ち位置を変えれないので、そこで待つ。

すぐにこちらを見てる女性に気付き、目が合う。

軽く会釈をすると、むこうも会釈。

『菜美さん?』

菜美:『いっちさんやんね?』


私:『そうです(^^;)』

菜美:『誰かと話してたから、ちゃうかと思ったけど、どうみても約束通りの姿勢やったから(笑)』

私:『ゴメンゴメン(^^;)偶然知り合いに会ったもんで(笑)』『居酒屋、予約してるねん♪』

菜美:『ありがとー♪』


まぁ、美人とか可愛いとかやないけど、悪くはない感じ。

歯並びがキレイで笑顔が爽やかって感じ。


菜美さんを連れて、予約してた居酒屋に向かう。


カウンター席に横並びで座り、乾杯♪

話すと意外に気さくで天然な菜美さん(笑)

老若男女問わず、誰とでも意気投合する私は、すぐに話してて盛り上がった。

ここで初めて赤外線して、番号交換(おそw)



ほろ酔い加減で居酒屋を出てカラオケへ。

二人でカラオケに行くいつも狭い部屋やから、けっこう親密にw

少し控え目な彼女に積極的に近寄って座る。

2~3局歌ったところで、そっと手を握ると、軽く握り返してきた。

指先を絡め合いながら、歌い続ける。

チューハイを2杯飲み干したところで肩へ手を回し、こちらへ引き寄せる。

彼女は肩に寄りかかり、全身の力が抜けて行くのか、どんどん体重をかけてきた。


美菜:『少し酔ったみたい~♪』

明るく語るそのセリフ!?



私:『大丈夫かぁ!?ぼちぼち帰る?』
(心にも無いことを(笑))




美菜:『うん(^^;)』




Σ( ̄□ ̄)はぁ?



つづく



[ 2010/06/10 05:07 ] 出会い系 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。