FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

両手で彩子さんのお尻を・・・

両手の平でゆっくりと乳房を揉みながら、指の間に乳首を挟み、むにゅむにゅする。


『あん!…ああん!…』

彩子さんは甘えたような高い声でそれに応える。


丁寧に乳房への愛撫をしながら、舌を絡め合う。


彼女は、ベッドの端に腰掛ける私の前向き直ってひざまづき、わたしの胸に舌を這わし始める。

メールでネタふりしてた彼女の『責め』が始まる。

すぐにそれは乳首へと達し、チロチロと上手に転がしてくれた。

息子はその行為に一気に硬さを増したが、彩子さんは私の乳首を激しく吸い始めた。


おそらく、旦那様にそのようにされて来たのであろう。


やたらと吸引力が強く、普段乳首が感じる私も、どちらかと言えば、ガマン(笑)

彼女の唇はそのまま胸からおへそへと下り、その両手でスルスルと私のパンツを脱がせた。


硬くなった息子の裏側を根元から先っぽへ、丁寧に、何度も繰り返し舐め上げる彩子さん。

先っぽ裏側がムズムズする。

しばらくそれを繰り返したかと思うと、湿らせた唇を先っぽに押し付けてきた。

すぐにそれは開き、温かい湿った空間に息子が包まれる。


ゆっくりと上下に動き始めると同時に、右手で息子を握りしめ、強い吸引力でそれをしごく。


『じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!じゅぷっ!』

単調なリズムでそれが繰り返された。




痛い(T_T)


(笑)


私は、激しく動く彼女の乳房を揉みながら乳首を転がす。


『んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!』


彩子さんをゆっくり息子から離し、前に立たせる。


ピンク色のパンツを脱がせ、立たせたまま乳首に吸い付き、同じ様にそれを強く吸う。


内ももから股間へと手を這わせると、直立していた彼女が、そこを少し開く。

左手で彩子さんの右乳房を揉みながら、左乳首を舐め、右手の平を花びらへ押し当てる。

ゆっくりと中指を起こすと、トロリとした生温かい粘液が指先に絡みついてきた。

そこに中指を沈めて行くと、花芯はたっぷりと蜜を漏らしながら、それをくわえ込む。

上下に出し入れをしながら、少し角度に変化を付け、感じるポイントを探る。


『ああん!…ああん!…あっ!あっ!あっ!あっ!…あん、いゃっ!』


指先を後ろに押し付けた時に、声が高まった。


少しその速度を速める。


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!いゃっ!いゃっ!いゃっ!』



私:『いややったら止めよかぁ?』


と、言って指先の動きを止めた。

彩子:『ああん……こっち…入れてぇ…』


彼女は前屈みになり息子をつかんだ。



私は一旦寝転がって、枕元のゴムをとり、息子に装着。

床にへたり込んだ彩子さんを抱き上げ、テーブルに両手をつかせ、お尻を突き出させる。


身長が高い私は、これをやるとき、いつも膝を少し曲げないとバックから入れにくいのだが、彩子さんは意外に脚が長いのか、ちょうど良い高さ。

両手で彩子さんのお尻をつかみ、息子を花芯へと沈めて行く。


『にゅぷぅ~』



『にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…』


『あんっ!あんっ!いゃっ!いゃっ!あんっ!いゃっ!』


少しバックから突き上げるように動かす。


『あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ!』


しばらくバックをつづけ、ベッドへ移動。


私が仰向けに寝転がり、彩子さんに騎乗位になるようお願いする。


彼女はわたしにまたがり、息子に花びらを押し当てて来る。

彩子さんの手をとり、息子を握らせ、自らそれを花芯にくわえさせる。


『ぬぷぅ~』


私は下から彼女を見上げながら両手で乳房を揉む。


彩子さんは自然に、ゆっくりと感触を確かめるかのように腰を上下させ、まゆをひそめる。

少しのけぞるように背中を反らせ、乳房に手が届かなくなるが、彼女はその角度がいいらしく、だんだん動きが激しくなっていった。


『はぁっ!はぁっ!あっ!いゃっ!いい!はぁっ!いい!』


彼女の動きに合わせ、下から突き上げると、彩子さんは一気にその声を高めた。


『あっ!いい!いい!…いっ!…いっ!…』


騎乗位で背をそらし、両手で私の太ももを強く握りしめた。



そのまま無言で太ももをちぎれんばかりの力でわしづかみにしたかと思うと、彼女はそのま横に倒れ込んだ。



腰をヒクヒクと痙攣させ、そのまま動かない彩子さん。

彼女にシーツをかけ私は一服。


しばらくすると、仰向けに寝る私に寄り添って来た。


彼女は横からゴムをつけたまましぼんだ息子を握りしめ、乳首を舐めながらそれを上下に動かした。


あっ!



という間にゴムに発進(笑)


彩子さんは久しぶりの絶頂がとても良かったと、何度も喜んでくれた。



待ち合わせは彼女の住む町から離れた場所やったが、帰りはなぜか





彩子:『うちの近所のカンスパの近くまで送って~』(カンス=関西スーパーw)


(笑)



[ 2010/10/16 05:25 ] 出会い系 | TB(-) | CM(2)
関スパ(笑)

吸引力というのは強すぎても弱すぎてもいけないんですね。
勉強になりました
[ 2010/10/19 11:14 ] [ 編集 ]
藍香さんへ♪
そうなんです!
吸引力は最新は弱く、イキそうになってきたら、徐々にに強くしてもらうのがええなぁ~
(*^_^*)

関スパ って言う人と、関ス って言う人の、二種類おらへん?

関スって言う人は、微妙に『カンスー』って伸ばして見たり…

小ネタでした(笑)
[ 2010/10/19 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。