FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美穂:『む~り~』

私:『晩ご飯食べれるん?』

美穂:『む~り~』


私:『ラブホ行く?』



美穂:『む~り~』



ヽ(~~~ )ノ ?



美穂:『うそ~行こうや~♪』


(^ー^* )フフ♪
可愛いやっちゃ♪


本カノめぐみとよく行くラブホへ到着。

部屋に入り、すぐにお風呂にお湯を張る。

お互い服を脱がせ合いながら、ここに来て本日初めて唇を重ねた。

背が高い彼女は、身長差が5~6センチ程度で、ほぼ目線が変わらない。

ゆっくりと下着姿で抱き合い、久々の感触を確かめるかのように、それは徐々に激しく、お互いを求め合った。

一旦中断し、一緒にお風呂へ入る。

バスタブに浸かり、背後から美穂が肩を揉んでくれる。

スポンジに石けんをつけ、お互い背中を流し、お風呂から上がる。

バスタオルで身体を拭き合い、裸のままベッドへ移動。

少し暑かったので、空調を調整し、仰向けに寝転がると、美穂は私の肩に添い寝してきた。

美穂は指先を私の胸に這わし、それで円を描きながら徐々にそれを乳首に近づける。

舌を伸ばし、私の右乳首をチロチロと舐め始める。

『うっ…』


思わず声が漏れると同時に、そこが感じる私は、すぐに息子が熱くなり、跳ね上がった事が分かった。

美穂はそれを察し、息子を丁寧に愛撫する。

以前とは違う責め方をしてくるのは、今の彼氏の影響なんやろう。

ゆっくりとそれを握りしめ、舌で乳首を転がしながら上下に手首を動かす美穂。

スルスルと長い髪を引きずりながら、その頭を私の股間へと移動させる。

唇と舌を駆使し、息子を舐め上げ、吸い、転がす。

やはりここは微妙な感触がいまいちで、本カノめぐみのほうが数倍上手。


このまま続けられてもイク事は無いなと感じる。


しばらく彼女に弄られ、攻守交代し、美穂を仰向けに寝かせ、いきなりその両膝を開いて、花びらへ顔を埋める。

『あっ!いやん!なに…っ、あっ…あっ……んっ……んっ…んっ…』


と、同時に両手を彼女の微乳へと伸ばし、指先で乳首を弄ぶ。

少し蜜が零れ始めていた花びらは、それを塗り広げる私の舌により、花びら全体がびちゃびちゃになった。

『ああんっ!あ…あんっ!いっ…ああんっ…ああんっ…』


私の右腕で美穂の左太ももを抱きかかえようにお腹から手を回し、クリの包皮を持ち上げる。

舌先で蜜を集め、花芯からそこへ塗り付け、チロチロと左右に刺激を与えると

『あっ!ああん!あっ!あっ!ああん!あっ!あっ!あっ!』

美穂は少し肉付きの良くなった腰を動かし、私の舌先との距離を自分の一番感じる位置へと動かす。

彼女の声が高まるポイントに腰が来ると、わざと舌を遠ざける。

『ああん!…ああん…』

かと思えば、その角度と強さで急に刺激を与える


『あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』

甘えたような、かん高い声を上げる


しばらく、そこを刺激して、美穂を四つん這いにする。

もちろん、彼女の巨尻を堪能するために。


息子にゴムを被せ、両手でその巨尻をつかみ、美穂に息子を握らせる。

私:『自分で入れてみ~』

美穂:『やん…恥ずかしい…』


そう言いながら、美穂は自らの股間へ手を伸ばし、息子をつかむ。

それを花芯へと押し当て、先っぽを少し上下に擦るように動かす。


私は両手で巨尻を掴んだまま、それを引き寄せる事無く、美穂の意志に任せる。

入り口で、それがなかなか入って来ない事にがまん出来なくなった彼女は、その大きなお尻を私の腰へと押し当ててきた。


つづく



[ 2010/11/30 05:13 ] 出会い系 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。