FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆっくりとみずきさんの髪を・・・

人妻みずきは鼻にかかった色っぽい声で喘ぎまくる。

さらにクリを親指でくねりながら、速い動きを与える。


『あっ!あっ!あっ!だめ!…あっ!出る!…あっ!あっ!出る!出る!あーっ!!!』



花芯からサラサラとした生温かい透明の蜜がじょろっと流れ出、私の右手首伝いにシーツへ零れ落ちた。

直後に彼女はベッドへうつ伏せに倒れ込み、腰をビクビクと痙攣させた。


人妻みずきは、出会い系で知り合った男に妄想を現実化され、潮を噴き果てた。


彼女の後ろ手を縛っていたバスタオルを解き、潮で濡れたシーツに敷く。

お互い仰向けになり、抱き合いながら、ゆっくりとみずきさんの髪を撫でる。

しばらくして再び唇を重ね、舌を絡め始める。


私:『今度はみずきさんがして!?』


彼女は上になり、私の唇から耳たぶへと舌を這わす。

耳の穴を舐め回され、背筋がゾクゾクとした。

次にそれは首筋へと移動し、胸へと向かった。

私の乳首へと達した人妻の舌は、丁寧に何度もそれを舐め上げながら、そこを少し甘噛みした。


(痛い(T_T)w)


みずきさんの舌は徐々に下り、硬くなった息子の裏筋を下から上へ、首の部分をチロチロと舐めまわす。


しばらくして彼女はそれをすっぽりと咥えこんだ。


『じゅぷっ……じゅぷっ……じゅぷっ……じゅぷっ……』


いつしか、くくっていた髪が解け、みずきさんの表情を隠す。


私は右手でその髪をかきあげ、左手で乳首を転がし続けた。


人妻のそれを十分に堪能し、ゴムを装着する。


彼女に仰向けに寝てもらい、ゆっくりと花びらへ挿入する。

やや後ろ付きぎみのそこは挿入角度が気持ち良い。


『くちゅっ!…くちゅっ!…くちゅっ!…くちゅっ!…くちゅっ!…くちゅっ!…』


『ああぁん!ああぁ~ん!ああぁっ!ああぁっ!』


時折変則的なリズムで出し挿れを繰り返し、しばらくして彼女の両手を引き起こし、騎乗位へ移行する。


みずきさんは自らの腰をいやらしく前後に動かし、何かを確かめるかのようにその動作を続ける。

両手で彼女の乳首をくにゅくにゅしながら見上げる。

みずきさんは時折、眉をしかめると腰を激しく動かし声を上げる。

『ああぁん、気持ちいい!あっ!』


人妻の騎乗位を堪能し、今度はバック。


四つん這いになってもらい、後ろから挿れる。


やはり少し後ろ付きなのか、あまり感じたことの無い角度で出し挿れを続ける。

『あっ!あっ!あっ!あっ!気持ちいいっ!ああぁっ!いいっ!あっ!いいっ!』


徐々にその速度を上げると、みずきさんが先にイキそうな気配…


『パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!パンっ!』


腰骨で人妻の尻を叩く湿った音が鳴り響く。


『あっ!いいっ!あっ!いいっ!いいっ!いいっ!いいっ!いっ!いっ!いっ!いっ!いっ!いっ!…………………あっ!』


彼女はベッドのシーツをくしゃくしゃに握りしめ、絶頂を迎えた。

すぐに私もそのままのみずきさんに発射…


彼女は崩れ落ちながら、私に時間を尋ねる。

携帯の時計を見ると16時前。


最初は別々、最後は一緒にシャワーのパターン多いんですが、みずきさんもその一人(笑)

隅々までシャワーで洗ってあげ、急いでホテルを後にした。





[ 2011/10/11 05:35 ] 出会い系 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。