FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裕香:『ん?泊まってもええよ?』

2杯ずつお酒を飲み干し、時計を見ると22時半。

店を出た。

かなり酔いが回ったのか、彼女も足元がおぼつかず、手をつないで駅へと向かう。

裕香:『まだ…時間ええ?』



私:『うん?』


裕香:『うち…来て飲みます?』


出た…

何年ぶりや!この言葉!?
( ̄▽ ̄;)

私:『家、近いん?』


裕香:『タクシーで1500円くらい…』

私:『じゃあコンビニでおつまみ買おかぁ?』

裕香:『家になんかあるわ(笑)』


そのままタクシーに乗り、東へ向かった。

普段から朝帰りをしないように気をつけているのと、飲みすぎてえっち不能な状況に、若干の不安を覚えながら、彼女の家に着いた。

駅からは遠そうな立地ながら、オートロックのマンション。


玄関先で15分ほど待たされる。



裕香:『ど~ぞ~♪』

女性の一人暮らしの部屋なんて、めっちゃ久しぶり

…ドキドキ

ワンルームの部屋に入ると彼女はスウェット上下に着替え、髪を束ね、化粧を落とし、メガネ(笑)

いつでも寝れる準備完了
( ̄▽ ̄;)

部屋の中央に小さなテーブルが置かれ、その上には『いいちこ』とグラスが2つ。

マジで飲む気なんか?


リラックマのクッションに座わらせてもらう。

裕香さんはグラスに氷を入れながら水割りを作ってくれる。

テレビを見ながら、チーズやサラミをつまみ、焼酎を飲む。

陽気な彼女は、とめどなくしゃべり続けた。

テレビ番組が終わり、ふと時計を見ると0時を回っていた。


私:『そろそろ帰ろかなぁ~』

裕香:『ん?泊まってもええよ?』

私:『泊まりはちょいとマズいなぁ~っちゅうか、オレ怖くないん?』

裕香:『めっちゃ人よさそうやん(笑)怖かったら家呼ばへんわ♪』


私:『ですよね~(笑)』


私は立ち上がり、トイレを借りる。

用を済ませ、部屋に戻ると、裕香さんはベッドに腰掛け、テレビのリモコンを押し続けていた。

自然に隣に腰掛けると、彼女はゆっくりもたれかかってくる。

(えっちムリやねんけど…)

裕香さんの肩に腕を回し、こちらに引き寄せ、唇を重ねてしまう。


堰を切ったように激しく舌を絡め合う。

裕香さんをベッドへ押し倒し、気持ちを確かめるように舌を絡め合い、スウェットの上から乳房を揉む。


ん?


たぶんノーブラ。


服をめくりあげ、乳首へむさぼりつく。


ちゅぱっ!ちゅぱっ!ちゅぱっ!


『はあっ!はあっ!はあっ!』


頭の中はすごくえっちな事になって行くが、息子は予定通り無反応(笑)


舌先で乳首を丁寧に何度も何度も舐め上げ、チロチロと転がす。


裕香さんは私の首に両腕を回し、自ら色白な乳房へ私を引き寄せる。


彼女の下を脱がせると、ピンク色のパンツが現れる。

私も服を脱ぎ捨て、彼女に添い寝し、パンツの上からその中心に手のひらを押し当てる。


乳首を舌で転がしながら、手のひらを上下に動かす。

『ああんっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!』

下腹部から右手をパンツの中へ。


つづく


[ 2011/10/25 05:44 ] 出会い系 | TB(-) | CM(2)
飲ませればいいのですね、そしたら無反応なのですね
メモメモ・・・・
[ 2011/10/25 15:39 ] [ 編集 ]
藍香さんへ♪
ソウデス♪
生中2杯を超えたいっちは安全です(笑)
[ 2011/10/25 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。