FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美紀、右見てみぃ~

ブラを下から上へめくりあげ、右手で美紀の左乳首を転がす。

『うっ…うん…ふぅん』

少しあきらめたのか、美紀の力が抜けた。

Tシャツを下ろすと、シャツに美紀の左乳首がくっきり浮かび上がった。


シャツの上から乳首を右手の人差し指で上下に弾くように転がす。

美紀はガクッと腰を引き、感じてる事がわかる。

右の乳首も同じように、人差し指で上下に弾くように転がす。

美紀は私の指で両方の乳首を同時に下から上に弾かれるたびに腰をガクッ…ガクッとくねらせる。

二人は立ったまま、抱きしめあい、再び唇を重ねる。

シャツの上から美紀の右乳首をさらに転がして行く…


『んっふぅ…んっ…ふぅ…』

美紀のスカートをめくりあげ、パンストの上から股間に右手をはわすと、しっとりとした生温かいものを感じる。

股間にあてがった私の右手中指を内側に少し折り曲げ、花びらがあるであろう真下から上へ押し当てる。

『はぁ………』

会社の、しかも女子ロッカーで…こんなん見つかったらシャレならん…って想いが、余計に興奮する…
なんかアダルトビデオみたい(笑)


中指をパンストに押し付け、少し急いで前後に擦る…

『はぁ~ん…あっ…あぁ~ん』

美紀は息を殺しながらも、かすれた声を上げ、両手で私の首にしがみついて来た。
しばらくパンストの上から美紀の股間を擦り続けた。

彼女がイカないのは、前回のえっちで彼女から聞いてたので、私は自分のシャツを捲りあげ、彼女の左手を握り、私の右乳首に誘導した。

再び美紀の右乳首をシャツの上からつまんだり転がしたりすると、彼女は左手人差し指で私の右乳首を転がす…

乳首が感じる私は、自らシャツを持ち上げ、彼女の後頭部に右手をあて、こちらに引き寄せる。

身長差30センチ近い美紀の唇に自分の右乳首を押し当てた。
美紀は躊躇せず、すぐに私の乳首を舐め始めた。

彼女の左手に私の捲り上げたシャツを持たせる。

時折、えっちな顔でこちらを見上げるので、そのタイミングで美紀の乳首を転がす指を速く動かす。
目を閉じ感じる女の顔になる美紀。
私はゆっくり後退し、女子ロッカーの壁にもたれた。真横に姿見の鏡があるからだ。
美紀の右手を私の股間に誘導すると、彼女はすぐに息子を握りしめ、ズボンの上から上下にゆっくりとさすりはじめた。

美紀は私を壁に押し付け、左手でシャツを捲り上げ、乳首を舐めながら、右手で股間をまさぐっている。

美紀に『右見てみぃ~』

鏡には、自分のえっちな姿が露わに写し出されていた。

美紀:『あぁあん…めっちゃやらしい事なってるやんかぁ(困笑)』
と、言いながらも、さらに乳首を吸い上げ、舌でチロチロと転がしながら、右手で私のベルトを外し始めた。
うまく外せないようなので、ここは自分で外し、ズボンを足元へ落とす。

彼女は一応シャツの下でブラがめくれ上がっている以外は、外見上ふつうの服装やけど、ズボンを足元まで落としてる私は、完全に変なオジサンやった(笑)

ここで誰かに踏み込まれたら、美紀に『このオッサン痴漢!』と言われても言い訳できないかっこになっていた。

美紀は少し背を曲げ、ひざまずいて座り、私のパンツをずらし、一気に息子をくわえ込んだ…

すぐに彼女は頭をゆっくり前後させ始める。
『くちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっ』

まるで、ファッションヘルスで時間が少ない時の用に(笑)

相変わらず無機質な機械的フェラやけど、会社の女子ロッカーで、誰も帰って来ないだろうと言った、推測だけの空間が、一気に息子のえっちメーターを上げて行く。

ここは時間をかけても仕方がないし、早く終わらさないと、もし誰か来たら危ないのもあり、息子に離陸許可を与える。

『くちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっ』

『美紀!出すで!』



……………………



彼女はロッカーに置いてあるティッシュを一気に三枚抜き、私の息子に被せ、さらに三枚。自分の口を押さえて『ペッっペッっ』

この『ペッ』って少し寂しいですね~(笑)

彼女はブラを直し、無言で女子トイレへ小走りで向かった。

時計を見たら22時を回っていた。


会社のカギを閉め、帰る方向が同じ二人は、一緒に地下鉄に乗った。

通勤一時間の彼女は、帰宅してすぐに家電話から番号通知で彼氏の携帯にワン切りせなあかんので、少し焦っていた。

『彼氏、梅田から乗ってくるんちゃうん?』と聞くと『神戸で飲み会やから大丈夫やわ。。でもなぁ、一個心配事が…』

『女子ロッカーに丸めたティッシュ置いたままやわ~(爆笑)』


翌朝、美紀に『ロッカー大丈夫やったかぁ?』
と聞くと、

『イカ臭かったでっ!』

って

色気無し(笑)



[ 2009/11/05 05:54 ] 社内不倫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。