FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祐子:『パジャマパンツなのぉ~♪』

岐阜の祐子さんと京都で待ち合わせて1泊旅行の続きです。


彼女の枕と首の隙間に左手を滑り込ませ、肩を抱き寄せる。

そのまま唇を重ね、ゆっくりと舌で彼女の唇を開いて行く。

祐子さんも舌をちょろちょろと重ね始める。

ようやく逢えた二人は、今までの待ち時間を埋めるかのごとく、激しく舌を絡め合う。

長い時間、唇と舌を絡め合った…

私は、唇を重ねたまま、右手小指を彼女の左耳の穴に入れ、くすぐる。

『ふぅんっ……』

唇を塞がれた彼女が息を漏らすような声を出す。

そのまま、彼女の髪をかきあげ、右耳たぶをしゃぶり、舌を耳の穴に…

『はぁぁんっ…はぁぁっ…』

右耳全体をしゃぶったり、舌を入れたりしながら、左耳をこそばしていた右手を浴衣の上を胸へと徐々に移動させる。
ゆっくりと柔らかい乳房を感じながら、ブラの感触が伝わって来ない事に気付いた。
右手で祐子さんの左乳房をゆっくりと包み込む。


ノーブラ…


ゆっくりと左乳房を揉む。

『はぁぁ~~んっ』

仰向けに寝てるわりに、ふわふわの乳房の頂上に、浴衣の上からでも乳首がそれとはっきりわかった。

右手中指と薬指の間付け根に、祐子さんの乳首をはさみながら乳房をゆっくり揉む…
時々、中指と薬指の隙間を狭め『ぬぷっ…ぬぷっ…』と乳首をはさみこむ。

『はぁぁ~んっ…はぁぁ~~んっ…はぁぁ~んっ…』

祐子さんは腰を少しくねらせ、悶える。

私はベッド横の壁にもたれ、両脚をV字に開いて座る。

彼女に、座って私に持たれかかるように伝える。

祐子さんは言われた通り、座って私に持たれかかってきた。

私は祐子さんの背後から両手で乳房をアンダーバストからゆっくり持ち上げるように揉み始める。

『むにゅうぅ…むにゅうぅ…』

両手の中指と薬指の隙間に祐子さんの両方の乳首を挟みながら、さらに揉む。

『ああっん…ああっん…ああっん…ああっん…』

出ました!ここで、聞かんでええのに、乳房を揉みながら『祐子さんなにカップ?』(笑)

祐子:『Dだと思っ…ああっん…あっん…はぁああっん…』

彼女が答えるのを見計らって乳房を揉んでみた(笑)

浴衣の上に盛り上がる少し固くなった乳首を両手の中指の爪でこそばすように転がす。

『いやんっ!はあんっ!はっっっ!ぅんっ…』

彼女の背後から浴衣を両肩からはだけさせると、祐子さんの両方の乳房が『ポロン』と顔を出した。

祐子:『いやぁ~ん…』

彼女の乳房は、少し両開き気味ながら、色白で色気も揉みごたえも十分。

露わになった乳房を、今度は背後から両手で親指と中指で乳首をつまみ、にゅぷにゅぷと転がす。

『あっ!やんっ…やんっ…やんっ…あっ!あっ!』

乳首をつまみながら彼女に右を向かせ、背後から唇を重ね、舌を絡め合う。

『んうっふっ…んうっふっ…』

私は右乳首を転がすのをやめ、右手で彼女の浴衣の帯を解いた。

帯を失った祐子さんの浴衣を左右に広げる。

パンツは履いていた(笑)

彼女の右太ももを下から持ち上げ、ひざを立て右に開く。

左脚も背後から太ももを持ち上げ開き、ひざを立たせた。

再び左乳房を背後からわしづかみににし、少し強く揉む。

右背後から唇を重ね、舌を絡める。

右手をゆっくり胸から股間へとすべりこます。

お腹に少しボコっと山を感じた(笑)

M字に開いた両脚の付け根は、白色のパンツが花びらの付近だけ少し濃い色に変色していた。

071127212336.jpg


なんの装飾もない綿100%のようなパンツを少し見つめる…

祐子:『パジャマパンツなのぉ~♪』

なんやそれ、初めて聞いた(笑)

寝る時用。つまりはえっち用らしい。

祐子:『一応新品よっ♪』
さすが主婦。勝負下着とかは、お泊まりともなれば、もはや不要で実用性重視(笑)

安っぽさが余計にロリっぽい(笑)

では遠慮なく…

祐子さんを両脚はM字のまま仰向けに寝かせる。

私は彼女のお尻の横に並んで座り、横から覗き込むような格好で、左手でパンツのお腹の部分を軽く持ち上げ、濡れて色が濃くなった部分に合わせて中指をゆっくりと押し当てる。


急にわざと中指を上下に激しく動かす。

『あっ!やんっ…やんっ…やんっ…あっ!やんっ…やんっ…やんっ…あっ!あっ!あっ!あっ!』

急に責められた祐子さんはシーツをぎゅっと握り締めた。

パンツの生地のせいなのか、蜜がパンツからかなり染み出して来る。

さらにパンツの上から花びらを刺激する…

『くちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっくちゅっ』

人妻の花びらは、自ら漏らす蜜を、出会い系サイトで知り合った、旦那とは違う男にかき混ぜられ、卑猥な音を放つ。

『あっあっ!やんっ……あっ!やんっ…やんっ…やんっ…あっあっやんっ…あっ!あっ!やんっ…やんっ…やんっ…あっ!あっ!』

生地の薄いパンツからは、ドクドクと蜜が溢れ、シーツを濡らす…

つづく



[ 2009/11/12 05:37 ] 出会い系 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。