FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聡美:『先輩!いじわるですぅ~』

聡美ちゃんは、髪をくくったままで、耳が露出している。
さっきのキスで、舌を思いっきり吸われたので、少しヒリヒリしたまま(笑)
また、吸われると痛そうやったから早速、舌をその耳に移動させた。

耳たぶを、グミをしゃぶるように甘噛みし、耳に吐息を吹き込む…

『あんっ…はぁぁぁあん…いやぁぁ…っ…』

耳に舌を入れ、穴を舐める…

『あっ!!…はぁぁっ!!…ぁあんっ…いやぁんぁっ!…』

そのまま彼女のバスタオルを剥ぎ取ると、程よい大きさの乳房がブラに包まれていた。

再び唇を重ね、ブラの上から、ゆっくりと乳房を揉み上げる。

『んっ…うんふ…うぅぅぅ…んっ…』

右手を彼女の背中に回し、ブラのホックを外した。
ゆっくりとブラを剥ぎ取る。

仰向けに寝る彼女の乳房がぷるんっと広がった…

そのままパンツも脱がし、彼女は全裸になった。

乳房の形を楽しみたい私は、彼女の背中に左手を入れ引き起こし、ベッドにひざ
立ちさせ、顔の前に来た乳房を楽しむ。

Cカップ。つんっとつり上がったものすごい美形。

000119192413.jpg

乳首もキレイで、おっぱいだけモデルできそう(笑)

左乳房のアンダーバストラインから、乳首に向かって、ゆっくりと舌を這わし、乳首の手前で舌を止める。

『はぁ…っ…ぁっ…ああっ…はぁっ……』

今度は、右乳房のアンダーバストラインから、乳首に向かって、ゆっくりと舌を這わし、乳首の手前で舌を止める。

『はぁっ…ぁっああっ…はぁっ……』

左右交互に何度か同じ動作を繰り返し、わざと乳首を舐めずに焦らす。

『あぁん!…やん!…』

聡美ちゃんは身体をくねらせる。

舌先を彼女の乳首に、触れるか触れないかの距離で、左右にチロチロと振る。2秒に1度ぐらい、舌先を乳首に触れさせる。

『はぁっ!!…ああっ!………あんっ!…………やんっ!!』

舌先が乳首に触れるたび、声を上げながらも、なかなか、舌が乳首に絡みつかない。
聡美ちゃんは、少しずつ、乳房を私に近づける。もちろん私も舌先と乳首の距離を保ちながら遠ざかり、焦らし続ける。

聡美:『先輩!いじわるですぅ~』

私:『どないしてほしん?』

聡美:『言えません………もぅっ!……』

彼女は強引に乳房を私の唇に押し付けた。

彼女の期待に応え、乳首をレロレロと舐め上げる。
聡美ちゃんは、我慢していたものが一気に噴出したかのように大声を上げた。

『はああああ~~んんっ!あああああん!はぁ~~~~~ん!!』

乳首をチロチロと転がす。

『はぁん!!はぁん!!はぁん!!はぁん!!はぁん!!はぁん!!はぁん!!』

彼女は、眉をひそめ、感じ顔で乳首を舐め上げる私を見下ろす。

ひざ立ちのままの彼女の正面から、右乳首を舐め続け、左乳房を揉みながら、右手中指と薬指に乳首を挟み『ぬぷっ…ぬぷっ…ぬぷっ…ぬぷっ…ぬぷっ…』と舌の動きに合わせる。

『はあっ!あああっ~んんっ!ああっ!あああんっ!はぁっ~~~~~ん!!』

右手をスルスルと下へとおろし、内ももへと這わす。

聡美ちゃんの右乳首をしゃぶったまま、ゆっくりと内ももを撫で上げる。

徐々に、花びらへと近づくと、手の甲に冷たいものが当たった。

お風呂上りで、ちゃんと拭けて無いのか、それとも、花びらから溢れる蜜が、陰毛を伝って垂れて来ているのか…答えはすぐに判った。

中指だけ少し高めにした手のひらを、ひざ立ちした聡美ちゃんの股間に、正面か
ら花びらに下から蓋をするようにあてがう…

花びらからは滾々と蜜があふれ出し、すぐさま私の右手のひらに、生温かい蜜がぬんめりと絡みついた。

中指を花びらにそっと押し当てると、ぬるんっ! 指は花びらに飲み込まれた。
『はぁ~~~ぁ…ん…』

生温かい蜜と聡美ちゃんの肉ひだが、私の中指をくわえ込む。
右乳首をしゃぶったまま、ゆっくりと、ゆっくりと、出し入れする。
指の出し入れに合わせて、彼女が声を出す…

『はぁ~ぁ…ん…はぁ~ぁ…ん…はぁ~~~ぁ…ん…はぁ~~~ぁ…ん…』

中指にたっぷりと蜜を汲み取り、クリの包皮に下から上へと塗り上げる。

『はあっ!あああっ~んんっ!ああっ!あああんっ!はぁっ~~~~~ん!!』
右手中指を、聡美ちゃんのクリをこそばすようにチロチロと動かす。
彼女は両手の平で私の肩をギュッと握り締め、泣き声のような声をあげる。

『あはんっ!…ん…っ!』
中指を花芯にゆっくり挿入し、親指をクリに当て、ゆっくりと出し入れする。
徐々にその速度を上げて行く。

『にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…にゅぷっ…』

『ん…っ!…ん…っ!ん…っ!ん…っ!んっ!んっ!んっ!!んっ!!』

中指から手の甲と手の平に聡美ちゃんの蜜が垂れて来るのを感じながら、手首を速めに動かす。

『くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!くちゅっ!』

『ぁん…っ!…ぁん…っ!ん…っ!ん…っ!あんっ!あんっ!ぁんっ!!ぃんっ!!いっ!!!』

すっと手の動きを止める。ゆっくりと中指を抜き取る。
聡美ちゃんは、腰をビクビクっと動かした。

右手が彼女の蜜でびしょ濡れになっていた。

傍らに脱ぎ捨てられたバスタオルで右手を拭き、パンツを脱ぎ捨て、ひざ立ちのままの彼女の前に立ち、硬くなった息子を聡美ちゃんの顔の前に差し出す。


つづく



[ 2009/12/03 05:44 ] 社内不倫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。