FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聡美:『…せんぱい…はずかしぃよぉ~…』

右手が彼女の蜜でびしょ濡れになっていた。

傍らに脱ぎ捨てられたバスタオルで右手を拭き、パンツを脱ぎ捨て、ひざ立ちのままの彼女の前に立ち、硬くなった息子を聡美ちゃんの顔の前に差し出す。

彼女は躊躇せず息子を軽く掴み、裏筋を根元から頭に向かって舐め上げた。
ゆっくりと同じ動作を繰り返すその仕草は、彼氏に鍛えられたのか、大人の色気すら感じる。
時折、亀頭の裏面に唇を押し当て、舐め上げる方向と違う向きに唇をぬんめりと動かす。

『うっ…』

彼女はしばらくその動作を繰り返すと、突然口を開き、息子をくわえ込んだ…

生温かい、ぬるぬるした空間が、一気に狭まり、息子は、肉壁に四方八方から押さえつけられる。
聡美ちゃんは、両手を私の腰にあて、ゆっくりと頭を前後させる。

『じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…』

若いのに妙にフェラが上手い。
速度を上げる訳でもなく、ゆっくり…ゆっくりと丁寧に口を使って息子を熱くしてゆく。

『じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…』

あまりの気持ちよさに、息子が危険信号を発し始めたので、彼女の頭を両手で軽く押さえて、抜き取った。
私はベッドに両脚を広げて座り、聡美ちゃんを私にもたれさせ座らせる。

彼女の背後から両手で美乳をゆっくりと揉み上げる。『むにゅ……むにゅ……むにゅ……むにゅ……』

『はぁあ~ん……はぁぁ~ん……はぁあ~ん……』

しばらく、ゆっくり…ゆっくりと揉み続ける…

『せ……せんぱいっ……きもちぃぃ……はあっ…』

両方の乳首を中指と薬指で挟みながら乳房を揉みあげる…

『はあっ…はぁあ~っ…ああぁあん…ああぁぁっ!!』
左乳房を揉みながら、聡美ちゃんに右後ろを向かせ、舌を絡め合う。
右手をそのまま彼女の股間へと這わせ、花芯から中指で蜜を汲み取り、クリの包皮を下から上へめくりあげるように蜜を塗り付ける。
『あっ!いや!…いっ…いっ…はぁっ!!…いっ…』

彼女の背後から左乳房を揉んでいた左手も股間へと這わせ、クリの包皮の上部分を軽く持ち上げ、露出させる。そこに右手中指で花芯から汲み取った蜜を、円を描くように塗り付けると、
『いやーっ!!いやっ!!いっ…いっ!…いっ!!!』

さらに花芯から蜜を汲み上げ、聡美ちゃんのクリに塗り込んで行く…

彼女は両脚を踏ん張り、私に背中を押し付けながら、悲鳴に近い声を上げる。

しばらくクリ責めを続けて、彼女を仰向けに寝かせた。
お尻の下に枕を敷き、両脚をM字に開かせる。

『せ…せんぱいはずかし…』

私:『ほな、脚、自分で持ってみぃ~』

聡美:『……はずかしぃです…』
と、言いながら、彼女は自ら開いた両脚ひざの少し下を持った。

花びらを露わにさらけ出し、舐めてもらうのを待つ彼女を、わざとしばらく放置。

聡美:『…せんぱい…はずかしぃよぉ~…』

そこで、一気に花びらに唇を押し当て、大きな音をたてながら蜜を吸い上げる。
『じゅぶっ…じゅぶじゅぶじゅぶぶぶぶぶじゅるるっ』

『はぁっ!いや~~~っ!』

べちょべちょになった花びらの蜜を、まるで掃除機で吸うように、吸い上げる。
右手でクリの包皮を持ち上げ、舌先で花芯に湧き出す蜜をすくい、クリに塗り付ける。
舌先をチロチロとクリに当て、徐々に当てる力を強めて行く。

『はあんっ…せんぱい…もうダメで…すっ……イキ…そぉ………はぁっ!』

ピタッとクリ責めを止める。聡美ちゃんはビクビクと痙攣しながら、両脚を持つ手を放した。

彼女に四つん這いになるよう伝える。

聡美ちゃんは、イキかけた身体を起こし、素直に四つん這いになった。

ゴムを被せ、バックからゆっくりと花芯に息子を挿入する。

000119204837.jpg


『はぁぁぁぁ~っ!』

クリとは違う感じ方。
ゆっくりと出し入れを始める。
『じゅぶっ……じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…じゅぶっ…』

『はあっ…そっ…そこ……はぁぁっ…はぁっ…そこっ…いっ!…』

この若さでなんぼほどAVみてるねん言うほど卑猥な言葉を発する(笑)
息子も先ほどのフェラで、えっちメーターが90%に達しており、離陸許可を求め始める。

しばらくバックを楽しみ、もう少し違う体位も楽しみたいので、バックを終え、私が仰向けに寝て、聡美ちゃんに上になってもらう。

彼女は私をまたぎ、ゆっくりとお尻を下げて来た。
息子に花びらを当て、腰を使って入れようとするが、入る訳がない(笑)
私:『自分で握って入れてみぃなぁ~』と言うと
聡美:『はずかし…ぃですよぉ』と言いながら、自ら手を添え、息子を花びらにくわえ込んだ。

彼女は上半身を前に倒し、私に抱きつくような体位で、器用にお尻だけを上下させる。
身体が柔らかいのは新体操部やったから?と思いながらも、彼女の花びらにくわえられ、上下させられる息子が、限界に近づいてきた。
彼女は、この体位でイク事はなさそうやけど、器用にお尻だけを、速度を上げながら動かす。

あかん…イキそうや…

聡美ちゃんの両肩を強く掴むと、彼女はそれを察したのか、お尻を激しく上下させた…

…………………………

…………………………



彼女の吸い付くような騎乗位に、先に果ててしまった。


聡美ちゃんと一緒に入浴すると、彼女が息子を両手のひらで丁寧に洗ってくれた。

彼女の家近くまで車で送り、別れ際にもう一度唇を重ねた。

3人目の社内不倫が始まった。


[ 2009/12/05 05:51 ] 社内不倫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。