FC2ブログ

普通の会社員不倫日記

見た目とりえの無い、ごく普通の会社員。40歳を超えた今、15年間の不倫人生の振り返りと、出会い系で会った現在不倫進行中の人妻さん、OLさんたちとの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

めぐみ:『なめて・く・だ・さ・い!やろ!?』

めぐみは私が感じる場所を知り尽くしており、わざと乳首には触れずに、周りだけを撫でる。そう、私からのお願いを待っている。

『ち…ちくび…なめ…て…』

めぐみ:『なめて・く・だ・さ・い!やろ!?』


『なめて……ください…』

めぐみ:『何をっ!?』

『ち…く…び…』

めぐみ:『ちくびがどないしたん?』

『ちくび…なめて…ください…』

めぐみは、私の乳首を舌先が触れそうで触れない距離で舐め上げる真似をする。

それが時折、私の勃起した乳首の先に触れると、ぞくぞくとした快感が背筋を走る…

『うっ!』

声をだしてしまうと、めぐみは恐い顔をして私の口を手のひらでふさぐ。

中々舌先に触れない乳首を、胸を張り、差し出すと、めぐみはわざと遠ざかる。

両手を拘束され、口を抑えつけられている為、ある程度以上前に進めず、めぐみの焦らしに、パンツに恥ずかしい汁が染み出し、冷たくなった。

焦らしまくられ、口を塞がれ、お願いも受け入れられないこの状態が、5分ぐらい続いた。

めぐみは私の口から手のひらを離し

乳首舐めてあげるねっ♪』

ドSに成り切れない彼女(笑)

ゆっくりと舌を乳首から少し下の胸に押し当て、下から上へと左乳首を舐め上げた…

『ああっ…』

思わず声が出てしまうと、彼女は勢いづく。

舌先をチロチロと左右に振りながら、左乳首に押し付けて来た。
右乳首も同時に指先で転がし始めると、すごく感じてしまった…

『ちゅぶっじゅぶぶっ…』

音を立てながら、左右の乳首を何度も何度も交互に責められ、息子の先は、自ら漏らした汁でヌルヌルになってしまった。

もちろん、めぐみはそれを見ずとも、状況がそうなってるであろう事を知っている。

執拗に乳首を責めながら、私のパンツに手をかけ、ずらし、器用に足の指で挟んで足元へと落とす。

めぐみは、ヌルヌルになった息子の頭を、右手人差し指と中指で撫でる。

『ぁっ…』

気持ちいい…

汁を指二本に取り、私の目の前へ差し出してくる…

めぐみ:『コレなによ!!』
と私の目を睨み付け、二本の指先を開き、汁糸を引かせながら、自らそれをしゃぶる。

エロい…

めぐみはしゃがみ込んで、私の両脚を広げた。

片足ずつ、革手錠をつなぐ。

私は、いまだスーツ姿のめぐみの前で、靴下だけを履いたまま、全裸で大の字に壁へ押し付けられ、四肢をそれぞれ革手錠で繋がれ、拘束された状態になった…

めぐみはしゃがみ込み、息子の下から裏筋をゆっくりと舐め上げる。

舌先が先っぽに来るたびになんとも言えない快感が走る。

何度も何度も裏筋を舐め上げてくる彼女。

そうです。お願いするまではくわえません。焦らし続けます。

私:『しゃ…ぶってくだ…さい』

めぐみ:『うん♪』

やっぱりドSに成り切れない彼女(笑)

息子を口に含んで、舌先でヌルヌルとその頭を舐め始める。
ゆっくりと顔を前後させる。ゆっくり…ゆっくり…

このゆっくりしたフェラにいつも息子がやられてしまう(笑)

ゆっくり、ゆっくり

『くちゅっ……くちゅっ………くちゅっ………くちゅっ……』

この日は挿入したかったので、止めないと危ない(笑)

『い…れさせて…くださぃ』


つづく

☆ランキング参加中です☆
良かったらぽちっとひと押し
応援よろしくお願いします。
  ↓


[ 2009/12/18 05:04 ] 取引先娘 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問頂いたお客様
ありがとうございます
参加ランキング
FC2 Blog Ranking




Clock
ブログパーツ
RSS Feed
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PICKUP
PICKUP
PICK UP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。